ホーム > 講演会 > 上智の座シリーズ > 上智の座シリーズ 第1回
講義検索

担当教員

フリーワード
研究機構

講演会

高校生向け

上智の座シリーズ 第1回

「遠藤周作の母なる神」


※画像をクリックするとプログラムの詳細がご覧いただけます。

講演者

加藤 宗哉 作家、三田文学編集長

1945年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。学生時代に三田文学に加わり、遠藤周作に師事。著書に「遠藤周作」(慶応義塾大学出版会)、遠藤周作おどけと哀しみ」(文芸春秋)、「モーツァルトの妻」(PHP文庫)など。

テーマ

日本人にとってのキリスト教とは何か

生涯を通して「日本人にとってキリスト教とは何か」を問い続けた作家・遠藤周作は、「母なるキリスト」こそ日本人の求める神のイメージだとした。遠藤が描いた「母なる神」を、その文学と人生から浮かび上がらせる。

開催日

2010/10/22

講義ビデオ
1  2  3  4  5  6