ホーム > 講演会 > 上智の座シリーズ > 上智の座シリーズ 第2回
講義検索

担当教員

フリーワード
研究機構

講演会

高校生向け

上智の座シリーズ 第2回

「ニューマンの『大学の理念』と我々の大学」


※画像をクリックするとプログラムの詳細がご覧いただけます。

講演者

舟川 一彦 本学文学部英文学科教授

1953年、大阪市に生まれる。上智大学文学部英文学科卒業。同大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程満期退学。オクスフォード大学ブレイズノーズ・カレッジ留学。1997年、博
士(文学)の学位取得(上智大学)。現在、上智大学文学部教授。著書に『十九世紀オクスフォード――人文学の宿命』(SUP)、翻訳書にマーク・パティソン『ある大学人の回想録』(SUP)などがある。

テーマ

ニューマンの『大学の理念』と我々の大学

ニューマンの『大学の理念』は、カトリックの立場からする大学論として存在はよく知られているけれども、実際に読まれ、理解されることの少ない本と言っていいだろう。それもそ
のはず、19世紀中頃の知的世界を背景として語られた彼の理念は、前提からして現代の大学の現実から遠く隔たっている。その距離を認めた上で、この本が今の我々に対してもっている意味を考えてみたい。(2010 年9月ニューマンはカトリック教会において列福されました。)

開催日

2010/11/19

講義ビデオ
公開しておりません