ホーム > 講演会 > ソフィア・ルネッサンス連続講演会 > ソフィア・ルネッサンス連続講演会 第13回
講義検索

担当教員

フリーワード
研究機構

講演会

高校生向け

ソフィア・ルネッサンス連続講演会 第13回


※画像をクリックするとプログラムの詳細がご覧いただけます。

講演者

大崎 麻子氏

開発政策・ジェンダー専門家
1994年、上智大学比較文化学部卒業。米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院卒業(国際関係修士号、国際人権・人道問題)。開発政策・ジェンダー専門家、関西学院大学客員教授、聖心女子大学非常勤講師。1997年に国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部に入局。開発政策局にてジェンダーと女性のエンパワーメントを担当。世界中の途上国で女性の政治参加促進、マイクロファイナンス、ジェンダー予算等数多くのプロジェクトを手掛けるとともに、UNDP内のジェンダー主流化政策の立案・実施に携わる。2004年に退職・帰国後、フリーの開発政策・ジェンダー専門家として、外務省のODAジェンダー主流化政策(Gender and Development Initiative)の策定、UNDP東京事務所の政策アドバイザー、PKO派遣要員のジェンダー研修、Take Action Foundation(代表理事:中田英寿氏)のアドバイザー、リトルアンバサダー・プログラムを通じた開発教育等、政府機関、国際機関、NGO等で幅広く活動中。2011年6月、ジェンダーに関する国際スタンダードを日本国内でも実現・推進するために、政策専門家集団NGOのGender Action Platform(GAP)を立ち上げた。港区の男女平等参画推進委員、PTA役員として地域活動にも取り組む。16歳男子と9歳女子の母。

テーマ

グローバル化する社会を生きる『わたし』
国際協力・ジェンダー主流化から地域活動、そして次世代育成まで

開催日

2011/6/21

講義ビデオ
1  2  3  4  5  6  7  8