ホーム > 外国語学部 > 外国語学部共通科目 > 演劇入門
講義検索

担当教員

フリーワード
研究機構

講演会

高校生向け

演劇入門

コ)東郷 公徳

外国語学部共通科目

2011 秋学期

講義概要

「全てこの世はひとつの舞台、男も女も遍(あまね)く役者にほかならない」(シェイクスピア)
この世の営みはひとつの大きな芝居であるとルネサンス期のヨーロッパの人たちは考えていました。他方で、古代ギリシャの時代から、演劇は社会のあり方やそこに生きる人間たちの姿を映す鏡でもありました。つまり、芝居の中に、世界が詰まっているのです。そんな演劇の世界の面白さと無限の広がりをどうしても学生諸君に伝えたい。この講義は、数人の外国語学部教員の、そんな熱い想いから生まれました。講義では、古代ギリシャから現代日本まで、世界中の様々な地域の、様々な時代の演劇について学びます。さらに、2回のワークショップではちょっぴり劇団員の気分を味わいます。そして教室外では劇場で実際の舞台も観て来てもらいます。(その体験を「観劇レポート」として提出)著名な演劇関係者に来てもらう特別講演の機会も設ける予定です。このように出来る限り多角的に演劇の魅力を受講生に知ってもらえるようプログラムに工夫を凝らしました。
これまで演劇に全く触れたことのない人から、劇団に所属しているような演劇オタクまで、演劇に興味を持つ全ての学生が楽しめる素敵な「入門」としたい。そのためにも、好奇心旺盛でやる気のある、知的レベルの高い皆さんの受講を望みます。

参考書

著者名/Authors:平田オリザ
書名/Title:『演技と演出』(講談社現代新書1723)
出版社・出版年/Publisher.Year:講談社(2004年)

著者名/Authors:栗山民也
書名/Title:『演出家の仕事』(岩波新書1105)
出版社・出版年/Publisher.Year:岩波書店(2007年)

著者名/Authors:扇田昭彦
書名/Title:『舞台は語る:現代演劇とミュージカルの見方』 (集英社新書0155F)
出版社・出版年/Publisher.Year:集英社(2002年)

講義スケジュール

  講義内容 講義ノート 講義ビデオ ランク
1 イントロダクション
東郷公徳
1  2  3  4 
2 「ギリシャ悲劇概論」
山形治江
3 「ヨーロッパ中世の演劇」
山本浩
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
4 ワークショップ
すずき こーた
1  2  3  4  5  6  7 
5 「コメディア・デラルテ」
村田真一
1  2  3  4  5  6  7 
6 「コルネイユ、ラシーヌ、モリエール」
高井道夫

1  2  3  4  5  6 
7 「チェーホフと不条理」
村田真一
1  2  3  4  5  6 
8 「現代日本演劇」
Boyd 真理子 (英語による講義)
1  2  3  4  5  6 
9 「特別講演」
江守 徹
1  2  3  4  5  6  7  8 
10 「シェイクスピア入門」
西能史
11 「ワークショップ」
Victor Nedel'skoj
1  2  3  4  5  6 
12 「中国演劇の現代」
細井尚子
13 「ブラジル演劇概論」
トイダ・エレナ
14 「ラ米演劇の現在」「まとめ」
吉川恵美子