ホーム > 研究機構 > グローバル・コンサーン研究所 > 国際家族農業年と人びとの食料主権
講義検索

担当教員

フリーワード
研究機構

講演会

高校生向け

国際家族農業年と人びとの食料主権

国連食糧農業機関(FAO)のパラダイム転換を学ぶ


※画像をクリックするとプログラムの詳細がご覧いただけます。

講演者

関根佳恵
愛知学院大学経済学部教員・農業経済学

テーマ

2014年は、国連によって定められた「国際家族農業年」です。
国連食糧農業機関(FAO)や国連貿易開発会議(UNCTAD)などの国際機関は、現在、世界を苦しめている気候変動や飢餓を解決するために、これまで各国政府が奨励してきた大規模企業的農業中心の政策を、早急に家族単位の小規模震業を支持する政策に転換する必要があると強く主張しています。しかし、日本の農業政策をみると、輸出向け農業、農業への企業参入、アフリ力での大規模農業開発の推進など、国連の警鐘を理解しているとは言い難い現実が引き起こされています。

世界の潮流に大きな変化をもたらした経緯を学ぶことから、日本の農業政策、南の地域の自立に向けた活動の進むべき方向を共に探ります。

主催:
上智大学グローバル・コンサーン研究所

協力:
APLA: Alternative People’s Linkage in Asia人びとが創るもうひとつのアジア
ATJ: Alter Trade Japanオルター・トレード・ジャパン

参考URL

グローバル・コンサーン研究所
APLA: Alternative People’s Linkage in Asia人びとが創るもうひとつのアジア
ATJ: Alter Trade Japanオルター・トレード・ジャパン

開催日

2014/6/14

講義ビデオ
1  2  3  4  5  6