ホーム 全学共通科目 > 立場の心理学
講義検索

担当教員

フリーワード
研究機構

講演会

高校生向け

立場の心理学:マジョリティの特権を考える/PSYCHOLOGY OF THE PRIVILEGED

出口 真紀子

全学共通科目

2016年度/Academic Year   秋学期/AUTUMN

講義概要

授業の内容としては、特権的集団の特徴(文化的・制度的支配、正常性(Normalcy)、優越性、特権)や、個人レベルでの特徴:(1)特権があるという認識の欠如、(2)社会的抑圧の現実を否定・回避、(3)優越感と権利意識、(4)自分に特権があるという認識に抵抗を示す、などを学び、心理学の理論を通して、特権集団の心理的特徴やアイデンティティの社会化のプロセスを学びながら、必ず自分自身の生い立ちを含めて振り返りながら、自己の立場と位置付けに応用させる。内容としては、差別に「中立」は存在するか?「平等」とEquityとの違い、人種的アイデンティティ発達理論でマジョリティとマイノリティの違い、などを取り上げる。また、多様なアイデンティティの持つゲストスピーカーに来てもらい、どのように自分自身の特権について考え、向き合ってきたか、そして、マイノリティの場合、どのように特権がなかったか、また特権の持つ人と接する上でどのような要望があるか、など生の声を聞く機会を与える。ビデオやドキュメンタリー映画の上映によって特権に関するディスカッションを行う。

講義スケジュール

  講義内容 講義ノート 講義ビデオ ランク
1 イントロダクション   特権の定義と特権について学ぶ意味 1  2  3  4  5  6  7  8 
2 プリビレッジ・スタディースの紹介(北米の事例) 1  2  3  4  5  6  7  8 
3 差別の概念・立場理論・人種的アイデンティティ発達理論 1  2  3  4  6 
4 社会階級的特権に含まれるもの 1 
5 家族と健康のリスク要因
アタッチメント理論と精神病理:愛着障害
6 映画上映: 青い目・茶色い目(日本語字幕) 1  2  3  4  5 
7 男性特権について 1  2  3  4  5  6  7  8 
8 男性特権と性暴力
9 LGBTの視点から 1  2  3  4  5  6  7  8 
10 在日コリアンの視点から 1  2  3  4  5  6  7  8 
11 在日韓国・朝鮮人に対する差別と現状
12 部落出身者の視点から
13 特権集団の責任と課題 1 1  2  3  4  5  6 
14 特権集団の責任と課題 2 1  2  3  4  5  6  7 
15 映画をジェンダーの観点から観る:ベクデル・テスト